読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポカンおじさんの○○袋

ヒト•モノ•コトの役立ち情報

なぜこんなに安い?ネット印刷通販を使う上で注意したいこと

f:id:tongue_look:20170404184217j:plain

みなさん“ネット印刷通販”をご利用された経験はありますか?

 

以前からWEBや新聞広告で見かけることはありましたが、最近ではテレビCMでもネット印刷通販の宣伝を見ることが多くなってきました。

 

有名どころでは、“グラフィック”“プリントパック”“ラクスル”などがあります。

 

これまでは主に、ある程度の印刷知識を持ったデザイナーさんが利用していたネット印刷。

 

印刷会社と付き合いがなくても、ネット上で”発注~納品”が完結します。

その敷居の低さから、詳しい印刷知識をあまり持っていない学生さんや、趣味としてのデザインやイラストを描いておられる方などが利用するケースもどんどん増えてきているようです。

 

そこで今回は、印刷にあまり詳しくない方に向けて“ネット印刷通販”を利用する上での注意点をご紹介したいと思います。 

ネット印刷通販とは

まずネット印刷通販とは、どういうものなのかをざっくり説明いたしますと、
その名の通り、インターネットで印刷物の注文が出来るサービスの事です。

では、”印刷会社”と”ネット印刷通販”、どのような違いがあるのでしょうか?

 

【ネット印刷通販】

【価格】

全体的に非常に安価
少部数の印刷の場合はネット印刷通販の安さに勝てる印刷会社は無いです

【納期】

ほとんど自由に設定が可能(仕様や入稿時間によりますが)
しかし、納期の長短によって値段が変動するため、リピートが見込まれるものにかんしては注意が必要です

【知識】

印刷仕様などは、自らが決めることができる
その分、ある程度の印刷知識を持っている必要があります

【色味】
基本的にデータ製作者側で調整しなければいけない

【印刷会社】

【価格】

基本的には都度、見積もりを出してもらう必要がある。
ちょっと変わった仕様(用紙やサイズ)で印刷する場合は、ネット印刷通販より安くなることが多い

【納期】

基本的には印刷会社のスケジュールに沿うかたち
納期によって、値段が変動することは少ないです

【知識】

顧客ごとに担当営業が存在しているため、顧客の希望や相談を受け、適した印刷手段や解決策を提案してくれる

【色味】

印刷会社や製版会社側、さらに印刷工程で色調整をおこなってくれる

 

ざっくりとこんな感じでしょうか。

この違いをあまり知らないまま、”印刷コストを抑えられる!”と安易にネット印刷を利用すると、

 

「思っていた仕上がりと全然違う・・・」

「この仕様だったら印刷会社の方が安かったな・・・」

 

なんてことが起こり得るかもしれません。

そんな悲しい出来事が少しでもなくなるように、ネット印刷通販の注意点をしっかり知っていただき、適した使い分けをしていただければと思います。

 

なぜこんなに安いのか

ネット印刷通販の大きな魅力の一つとしては、その”驚異的な安さ”

 

印刷会社からすると、価格破壊に近いほど圧倒的な安さなんですよね

 

仕様しだいでは、通常の印刷代の1/4ぐらいにまで価格が抑えられていることもあります。

 

ここまで価格のひらきがあると、通常の印刷会社のほうが、”ぼったくりしてる?”といった印象を受けそう・・・

 

もちろん、そういうワケではなく、印刷会社とネット印刷通販では明確な違いが存在するからなんですよね

 

ここをひも解いていくと、気を付けるべき点が見えてきそうです。

 

なぜここまで値段が安くできるのかというと、

  • ネット上での注文に特化することで、顧客に対して担当営業が必要なく、人件費が抑えられている
  • また、調整がオートメーション化された、高機能な印刷機を導入することにより、印刷オペレーターの育成にかかるコストが少ない
  • 印刷インキ(プロセスカラー)や使用できる用紙を限定することによって、複数の印刷物を1つの版に付け合せし、現場の工程を簡略化しているため、印刷機の回転(印刷機会)を多くしている
  • 上記の仕様により、ある程度の印刷資材(用紙や版など)を一括に大量に仕入れ、コストを抑えることができる
  • 全国から受注ができるため、大量生産が可能で印刷機を止めることなく稼働することができる。

など、ネット印刷通販会社さんにより、多少の差異はありますが大体はこのような理由があります。

では、値段が安い点を踏まえ、どういったことに注意が必要なのでしょうか。

ネット印刷を利用する上で注意する点

【印刷で表現できる可能性がある程度限られてしまう】

仕入コストを抑えるために、特色での多色刷りやプロセスカラーと特色を組み合わせた印刷に対応しているところがあまりありません。

また、選択できる用紙の種類が限られているため、
「今回のDMは、この紙を使いたい!」
といった場合でも、泣く泣く諦めなければならないケースも起こり得ます。

【色調整は自己責任で】

”印刷会社””ネット印刷通販”での決定的な違いがここだと思っています。

通常、色校正を上げた後、お客さんにチェックしてもらい、
「このあたりを全体的に明るくして、ここだけ赤みをおさえてほしい」
などの要望を受け、印刷会社や製版会社のプロが修正を行い、印刷の際もオペレーターが逐一色味を確認します。

それでも不安な場合、印刷の立ち合いも可能(立ち合いが不可な会社さんもありますが)です。

 

しかし、ネット印刷通販側で色調整を行なってくれるところは確認した限りありませんでした。
そのため、個人でデータ上の色調整を行う必要があります。

 

色味にこだわりたいクライアントからシビアな色味を要求されている、といった場合においてはネット印刷通販はリスクが高いと思われます。

【リピート(増刷)のものでも、色味が合わない】

再発注をした場合でも、他の付け合せの印刷物や印刷機が異なるなどの理由で、以前のものに比べると色味や色調に合わないケースが起こり得ます。

印刷会社の場合、基本的にその商品のみを付けた版で印刷します。

また、前回の印刷物を確認しながら調整を行いますので、再現性のバラつきを抑えることが出来ます。

 

ちなみに知り合いのデザイナーさんの話では、1000枚注文した時に500枚毎に色味が微妙に変わっていたそうです。

問い合わせたところ、1000枚を一つの印刷機で印刷するのではなく、それぞれを別の印刷工場で500枚ずつ印刷していた模様。

その方がコストが掛かるように見えますが、さまざまなものを多面付けしている都合上、割り振った方が安くついたのでしょうか・・・

 

最後に

 

いかがでしたでしょうか。

印刷会社とネット印刷通販の違いをもっと深く掘り下げることも出来るのですが、今回は印刷にあまり詳しくない方向けということで、この3点にまとめてみました。

 

決して、僕自身はネット印刷通販を否定しているわけではありません。

僕も個人的に利用していますが、印刷の精度も非常に高く(下手すると通常の印刷会社よりも微細な表現が可能)、仕上がりを見るたびに「この安さでこの仕上がりはコストパフォーマンスが良すぎる・・・」と驚いています。

 

ただ、そんな便利で品質のいいネット印刷通販でも、万能ではないのです。

 

安く済ませたいときや気軽に注文したいときはネット印刷通販で。

紙にこだわりたいときやシビアな色味を求められるときには印刷会社で。

 

などと求められている場面で使い分けて頂けると、失敗した!ということが無くなると思っております。