読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポカンおじさんの○○袋

ヒト•モノ•コトの役立ち情報

【京都】吉祥華寮のパフェがフォトジェニック過ぎる件

f:id:tongue_look:20170327232203j:plain

昨今、異常な盛り上がりをみせているSNSといえば『Instagram』

女子高生(JK)や女子大生(JD)を中心に”ガンガン・ズンズン・グイグイ上昇♪”ってな感じでユーザー数を伸ばしてる

あれ?Facebookのやつ、最近元気なくない?どうしてんのかな?

って久しぶりに見てみたら、僕のタイムラインは”プロポーズしました!”だの”入籍しました(入籍届けと指輪の写真付)”だの”結婚しました(結婚式の写真付)”とビッグイベントばかりで埋め尽くされていた

 

僕はFacebookをそっと閉じた

 

というか、おめぇ学生時代めちゃくちゃ仲良かったくない?

でも、僕呼ばれてなくない?

それって冷たくなくなくない?

 

とまぁそれはおいといて、

石を投げれば、インスタグラマーに当たるようなこのご時世

JKやJDが目の色を変えて飛びつくようなもの

それは、

写真映えする食べ物(スイーツであれば尚良し)

これに尽きる。

食欲を満たしながら、イイね!を大量にもらって、承認欲求も満たされるという一石二鳥のシロモノ。

 

例に漏れず、僕の彼女もインスタ女子である

そしてその彼女が、とある写真を僕に見せ、ここに行きたいと言ってきた

ふと写真を見てみると、

なんじゃこりゃーー!!!(白目)

とおったまげたのである。

そして、行ってみたのである。

そのお店の名は『吉祥華寮』

吉祥華寮に行ってみた

f:id:tongue_look:20170328001654j:plain

KISSHOKARYO KYOTO(吉祥華寮)は、京都の東山にある和洋菓子専門店。

祇園から徒歩5分ほどとアクセスも良いところにあります。

お店独自に焙煎した、こだわりのきな粉をふんだんに使用したスイーツや、オーガニック素材を使用した焼き菓子などを販売しています。

1Fはテイクアウト用のパティスリーとなっていて、2Fがカフェになっていました。

行列に3時間並びました

彼女からの事前情報によると、2〜3時間は並ぶだろうとのこと

当日はあいにくの雨模様だったので、そこまで混んでいないだろうと思っていた

しかし、読みが甘かった。めっちゃ並んでた。(70人くらい?)

インスタ女子たちは、そんじょそこらの雨ではへこたれないのだ

行列に並んでいる彼女たちが、

雨ニモマケズ風ニモマケズ、良イネヲモラウ。サウイウモノニワタシハナリタイ

と言っているような気がした

 

とまぁ、こちとらUSJやらラーメン屋やらで並び慣れとるわけですよ

だから、よゆーよゆーと調子ブッこいてたんですけど、ちょっと落とし穴がありまして・・・

カフェって列が進むの超おそい!

USJもラーメン屋もなんだかんだジワジワと列を進んでいくじゃないですか?

なので、並んでいてもあとこれくらいで自分の番だな〜、と目安をつける事が出来ますよね?

でも、カフェって基本ゆったりする場所だからか、列の進み具合がバラバラ

30分ビターっと微動だにせず!ってのも普通にあった

並び慣れていたつもりでしたが、正直ちょっとストレスを感じましたね

あと、行列の真横をクルマがよく通るので、子ども連れで並ばれる際はお気をつけ下さい!

 

また、営業時間が19時までなので、16時までには並んでおいた方がいいかもしれません。

17時とかに並ぶと、受け付けてもらえないかも。

メニューはこんな感じ

和洋菓子だけでなく、豆乳を使用した京都らしいお茶漬けもあります(ぶぶ漬けじゃないよ!)

真鯛の特製胡麻だれセットとか、めちゃくちゃ美味そうだった

f:id:tongue_look:20170328005719j:plain

こちらのわらび餅は、TV番組の”黄金伝説”などで紹介された逸品

f:id:tongue_look:20170328005734j:plain

そして、お目当てのパフェがこちら

f:id:tongue_look:20170328005926j:plain

全部美味しそう

f:id:tongue_look:20170328005837j:plain

飲み物のメニュー。
きな粉ラテとか初めてみた

f:id:tongue_look:20170328010111j:plain

いざ実食!

列がスムーズに進まず、雨も降って寒いなか、3時間並びようやく入れました

この時すでに身も心もヒエッヒエの状態

これで大したもんが出てこなかったら、2ちゃんねるで暴れたるぞー。とか思いながら待っていると、お目当てのものがいよいよ登場!

いきますよー・・・

 

どーんっ!

f:id:tongue_look:20170328011958j:plain

どどーんっ!

f:id:tongue_look:20170328012038j:plain

どどどーんっ!!!f:id:tongue_look:20170328012108j:plain

赤いのが春季限定の春摘み苺パフェ、茶色いのが定番メニューの焦がしきな粉パフェ

 

・・・なんたるフォトジェニック。超かっこいい。

パフェってこんなにミニマリズムなものだっけか。

もっとゴテゴテしてるもんじゃねーの!?

 

いやはや、こりゃ載せたくなるインスタ女子の気持ちもわかりますわ。

 

いや、でも肝心の味はどうなんだってところ

実食!!!

f:id:tongue_look:20170328012520j:plain

超うんまい(小並感)

語彙力が追いつかなかったです。すいません。

上の方にサクサクのメレンゲが乗ってるんだけども、それがめちゃくちゃ美味しい。

こんなの初めてぇぇぇってレベル

中盤には、甘さをおさえたほうじ茶ゼリー豆乳ブランマンジェ(パンナコッタ的な?)が入っているので、甘いのがそこまで好きじゃない人も完食できるはず

 

春季限定の苺パフェの方は、いわずもがな

いちごの旨みが濃厚に詰まっており、これ食べたら今季はいちごはもういらねーなぁ!?ってレベル

 

彼女ともども大絶賛で、行列のストレスはどこへやら

ホクホクした感情に満たされました!

 

写真映えがバツグンなのはもちろん、お味のほうも見た目に負ける事なく、しっかりと映えておりました。 

 

京都にお越しの際はぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

 

あ、ここに来るとなれば4時間ぐらいは潰れると思っておいたほうがいいですけどね!

 

ではこのへんで失礼いたします。